2017.02.08

より魅力的な情報を顧客に届けるために!記事を添削する3つのポイント

より魅力的な情報を顧客に届けるために!記事を添削する4つのポイント

公開予定の記事が一通り完成し、直ぐにでも公開したくなるところですが、完成した記事を今一度読み返してブラッシュアップする「添削」は、より魅力的な情報を顧客に届けるためにも、非常に有効な手段です。文脈の間違いや伝えたいこと、テーマのブレなど、完成した原稿を改めて読み返す事で改善点を見つけることができます。

記事を添削する上での3つのポイント

1.記事の内容が顧客目線であるか

自社の強みやアピールしたい事を一方的に投げかけるだけでは、読み手には刺さりにくいものになってしまいます。

「あなたのこのようなお悩みは、◯◯の方法で解決します!」

という具合に、顧客の目線に立って課題を挙げて、それを解決する内容を提案しますという内容にすれば、その情報を求めている人が興味を示し、ピンポイントで刺さりやすくなります。

2.伝えたいことと記事のテーマがブレてないか

記事を書き進め、盛り込みたい内容を追加したり変更を重ねていると、当初伝えたかった内容から結論がブレてしまっているケースがあります。最初に設定した記事のテーマと結論が想定通りなのか、全体的に文章を読み直して記事テーマと結論がブレていないかを、十分チェックしてください。

テーマが複数となる場合は別テーマの記事で書くことを考える

原則的にブログ記事は「1記事1テーマ」がおすすめです。一つの記事の中に複数のテーマが出てくると、根本のテーマがブレてしまい結論がよく判らない状態になってしまうからです。無理やり別のテーマも盛り込むくらいであれば、思い切って別のテーマ記事として新たに書くことも一つの方法です。

3.見出しやタイトルは魅力的か、内容は適切か

例えばYahooニュースの記事を読む時、たいていの場合はタイトルで読むかどうかを判断すると思います。同じように、顧客が記事を読むきっかけとなるのが「記事のタイトル」ですし、記事の内容をしっかり読んで興味を抱いてもらえるかは、「見出し」にかかっています。

タイトル・見出しが文章の内容を適切かつ端的に表わしているのかどうかも、添削時のチェックポイントとなります。

記事の添削は繰り返してこそ精度が上がる

記事の添削といっても、最初はなかなか思うように行かないのも事実です。記事作成の回数を重ねることで、見極めるポイントや精度も徐々に高まってきます。

ゼロワンアースのWith Webでは、お客様の記事をより魅力的になるよう、記事原稿の添削とアドバイスを行っております。

執筆者とは異なる先入観の無い目線で記事を見れるので、思わぬブラッシュアップポイントを見つけ出すことができます。また、それを繰り返すことで記事を書くスキル自体もどんどんレベルアップしていけるので、大変ご好評いただいております。

お気軽にご相談ください

06-6537-9941

受付時間
9:00〜19:00
休日
土・日・祝

株式会社ゼロワンアース〒550-0012   
大阪府大阪市西区立売堀2丁目5−41

この記事をシェアする

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘 オウンドメディアで反響を出すために!記事作成のポイントや情報収集のノウハウなど、幅広くアドバイスいたします! また、育毛プロジェクトにも積極参加します!無料モニター絶賛受付中!

Archive